中古車の査定について

中古車とはいろいろな車があります。


一人の人が大切に乗っている場合もあるし、数人で共用で使用している場合もあります。

中古車の特徴につてをいくつか紹介しています。

また舗装されていないような道や、山道などたくさん走っていることもあれば、トラックなどのように、積荷をたくさんしていることもあります。

それぞれの車で、走り方もまったく異なるので、売りに出すときには査定をする必要があります。

朝日新聞デジタルが最近こちらで話題になりました。

そして、場所によって異なる結果なら、売りに出した人も混乱してしまうので、どこでも方法が同じで、査定額もそこまで大きく開きがでないようになっています。


そしてそれは査定士が行います。


取得するのは、20歳以上で、普通免許をもっている必要があり、半年以上の実務経験が必要です。

そして、これは学科と実技試験に通ったものがなれます。
現在は約14万人いると言われています。

実際の査定は、標準の車と中古車を比べます。



比べる項目としては、標準の状態としては、内装外装ともに無傷であることです。

そして、エンジンなどは良好であることや、車検まで3ヶ月以内であることなどがあります。

その他には、事故での修理後や、改造などがなく、走行距離やタイヤ状態なども項目としてあります。
まずは、基本の金額が出て、そこから、走行距離が少ないものは加点されたりなどの、加点や減点項目などを考慮して、実際の金額が決まります。
このように、中古車の査定は、決められた方法やチェックシートがあり、誰がどこで行ってもだいたい同じ結果になるように統一されています。